相澤建設グループ TOPページへ サイトマップ
相澤建設株式会社設立から35年、お客様の声に深く耳を傾け、一層ご満足いただくために必要なことは何か? 繰り返し模索し、お客様の多様なご要望に応うるべく体制を、建設業に固執せず徐々に整えていきました。
そして、不動産業・交通安全施設の設計施工・燃料販売・保険代理業、サービス業など、分野の異なる会社がグループ内に生まれることとなりました。
その結果、各社が互いに補完し合うネットワークが完成。時代の動向に左右されにくい会社体制の確立につながりました。

活力ある企業として発展し続けるには、長期的な視点による確かな目標を持ち、着実に具現化していかなければなりません。
私たちがその経営理念として掲げている「人為人尽(じんいじんじん)」は、即ち「お客様第一主義」を意味するものです。お客様にご満足いただけるよう努力を惜しまず専念していれば、自ずとそれに評価が下り、ご満足いただければそれがこだまの如く響いて私たちのもとへ戻ってくると信じるものです。
また、同じく理念に掲げている「革新と創造」「品質第一主義」とは、いかなる時も現状に甘んずることなく自社の各所を厳しく見つめ直し、社員一人一人が自発的に自己革新とレベルアップを図ることで要求される品質の確保を実現し、多様化する社会で機動的に対処できる体質を確立していこうとするものです。
そして弊社は、この社員一人一人の自己革新への意欲と、高まる顧客要求品質を実現していこうとする強い意志を会社全体に反映させることにより、顧客の負託を担うプロフェッショナル集団として、「信頼」という礎を築きたいと考えています。

母体である相澤建設が創業30周年を迎えたことを機に、地域社会への貢献を意識した取り組みとして福祉産業に参入。高齢者のためのケアハウスを開設しました。近年では、デイサービスセンターの開設による老人福祉事業の拡充、保育所の運営、スーパー銭湯運営など新規事業を手がけ、いずれも地域の皆様の好評を博しており、さまざまな形で地域に貢献していると自負しております。
さらなる老人福祉事業の拡大と、エコ産業への新規参入、必要とされることに応えながら、ますます意欲的に柔軟な事業展開を進めていきます。
「ゆりかごから墓場まで」人の一生に関わるサービスを、地域に深く根を下ろして提供する総合企業体を目指すべく取り組んでいきます。
相澤建設株式会社 代表取締役 会長